デビアンな生活 2010年12月

デビアンな生活

日本語コンソールベースのDebianTIPS集として始めたが、結局LXDEになってしまった。

そしてMINIX 1.5

懐かしくって、いろいろ触っているとなぜか、3.5インチの1.4MのDOSディスクが読めない。720KのDOSディスクはdosreadでちゃんと読み込めるのに。
ドライバではサポートされているみたいなのにと悩んだが、ソースをよく読んで解決。
デフォルトでは、ドライブAもBもAUTOMATICになっているので、5インチ1.2Mと区別できないようだ。
/usr/include/minix/config.hのDEFAULT_CLASSを0から3に変更してやると、ドライブAが3.5インチ、ドライブBが5インチとなり、3.5インチの1.4MのDOSディスクが読めるようになった。
昔はハードディスクを使っても再構築に時間がかかっていたのに、VMwareで動かしても、あっという間にできてしまう。思えば、Linuxも昔は再構築が割りと早かったなあ。
スポンサーサイト

FC2Ad