デビアンな生活 2013年09月

デビアンな生活

日本語コンソールベースのDebianTIPS集として始めたが、結局LXDEになってしまった。

Google AdSense再審査

FC2を削除して、再審査を出してみた。どうなるかな。
追記:
削除すれば、再審査は不要との返事であった。
スポンサーサイト

とりあえず

FC2ブログでGoogle AdSenseが停止されてしまった。どうやら、更新頻度が下がった時に表示される、FC2の広告が原因のようだ。とりあえず、引っ越しして、WordPressに変更。落ち着けば、再審査をうけるかな。

Dell PC 2816

Command Line Interfaceには、シリアルコンソールを接続する方法以外に、telnetがある。スイッチのIPにtelnetで接続後、User Nameを入力すると、console#となり、いきなりPrivileged EXEC Modeで開始される。
copy startup-config tftp://ip.ip.ip.ipでスタートアップファイルがバックアップできるが、なぜだか、リストアには失敗した。
DHCPサーバの管理は、CLIではできないので、EWSによるWebアクセスが必要となり、使い込むには両方のアクセスが必要。

Dell PowerConnect 2816 評価

小型で、ファンレスのため静か。消費電力は少なく、Green Ethernet対応。インテリジェント機能として、DHCPサーバがあるので、節電のため夜間サーバの電源を落としている、私の環境では特に便利。
不便な点は、リセットすればシステム時間がゼロになり基準日に戻ってしまうことや、電源投入後は機能するまで2分程度時間がかかることなどがある。
端末用に外部シリアルポート(DTE)があるので、モニタすれば状況がよくわかる。一般的な使用ではWEB管理で十分だが、VLANの細かい設定のためにはCLIを使用しないとダメそう。
でもWebで消費電力が見れるので気持ちがいい。
green.jpg

PowerConnect 2816

DELLのレベル2スイッチ2816を購入した。小型で、ファンレスのうえ、Webで管理することができ、DHCPサーバ機能を持っている。
さっそく、設定してみたが、default IP(192.168.2.1)ではDHCPサーバが働かないことが、なかなかわからず、苦戦した。
VLAN1に対してDHCPサーバ機能が働くので、スイッチのIPを192.168.1.1などに変更すると、そのサブネットに対してDHCPサーバ機能が設定できる。
Dell OpenManage Switch Administratorで、いろいろなネットワークの情報が得られて、大満足。
でも、せっかく作ったH8のDHCPサーバがお払い箱になってしまった。

FC2Ad