デビアンな生活 2017年07月

デビアンな生活

日本語コンソールベースのDebianTIPS集として始めたが、結局LXDEになってしまった。

pacman

いろいろ設定していたら,変更したファイルがわからなくなった。
pacman -Qii | grep ^MODIFIEDで設定を変更したファイルがわかる。
パッケージのファイルを抽出する場合,tarを使えばよいのだが,
tar: Ignoring unknown extended header keyword 'SCHILY.fflags'の警告がでる。
気持ちがよくないので,pacman -S libarchiveでbsdtarをインストールする。
bsdtar tvf package *file.confで目的のファイルを限定できたら,
bsdtar xfO package *file.conf > orig.confで抽出できる。
diff -y --suppress-common-lines file.conf orig.confで変更点が確認できる。
スポンサーサイト

FC2Ad