デビアンな生活 日本語コンソール

デビアンな生活

日本語コンソールベースのDebianTIPS集として始めたが、結局LXDEになってしまった。

日本語コンソール

今までは、kon2を使用していたが、UTF-8へのコード変更がわからなかったので、今回日本語コンソールをjfbtermに乗り換え。
まずフレームバッファをインストールため、カーネル2.4を再構築。
#make menuconfig
>Code maturity level options
>>Prompt for developmentを選択。
>
>>Console driversでframe bufferを選択。

再起動後、モジュールをロード
#modprobe vga16fb
#modprobe fbcon ; カーネル2.4では不要

フォントをインストール
#dselect
>xfonts-base
#jfbterm -c utf-8

localeを作成
#dpkg-reconfigure locales
>defaultはnoneのままで、ja_JP.UTF-8を追加
>set-language-envはutf-8に対応していないので、使用せず。

日本語のファイル名が見れるように、オプションを追加
#ls --show-control-char



kon2でのUTF-8の表示設定が、分かるひとがいれば教えてほしい。
スポンサーサイト

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/11/07(日) 04:18:48 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/11/17(水) 21:35:10 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/11/18(木) 21:29:51 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/11/19(金) 19:36:11 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kfujio.blog78.fc2.com/tb.php/1-b76934f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad