デビアンな生活 STM32F4 Discoveryの拡張ボード

デビアンな生活

日本語コンソールベースのDebianTIPS集として始めたが、結局LXDEになってしまった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STM32F4 Discoveryの拡張ボード

nuttxは昔のlinuxを思わせ、STM32F4 Discoveryをいろいろ触ってみる気にさせる。でも、LANポートがほしい。
Etherportを付けるためは、LAN9820AやDP83848などのPHY ICを接続することが必要だ。
自作は難しそうだが、拡張ボードSTM32F4DIS-BBが発売されている。これはnuttxでサポートされているうえに、microSDカードスロットやシリアルのコネクタもあるので便利がよさそうだが、element14で25.54ポンド(約4700円)と少し高い。
alibabaのaliexpressを見てみると、LCD付きで50ドルの拡張ボードがあるので、人柱でこれに挑戦してみるのも良いかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kfujio.blog78.fc2.com/tb.php/122-7b8433ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。