デビアンな生活 Lightweigth X11 desktop Environment

デビアンな生活

日本語コンソールベースのDebianTIPS集として始めたが、結局LXDEになってしまった。

Lightweigth X11 desktop Environment

Debian 5(Lenny)では、最初のインストールメニューで、デスクトップにGNOMEではなく、Lightweight X11 Desktop Environment(LXDE)を選択できるようになっている。GNOMEは反応が遅いので、LXDEでインストールしてみた。インストールは短時間で終了し、起動後の反応は早い。日本語はanthyが使えるようになっており、openoffice2.4もセットアップされている。でも標準でインストールされるパッケージは少なく、システムメンテナンスには使えない。
とりあえず、AccessoriesメニューからRoot Terminalを起動し、aptitudeを使って、synapticをインストールすると、System ToolsメニューにSynapticが追加されるので、あとは簡単にパッケージが追加できる。
とりあえずqtparteddisk-manegerをインストール。これで、パーティションも切れるし、NTFSもマウントできて大満足。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/03/15(日) 16:37:16 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kfujio.blog78.fc2.com/tb.php/46-e2c361d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad