デビアンな生活 apache2とWebDAV

デビアンな生活

日本語コンソールベースのDebianTIPS集として始めたが、結局LXDEになってしまった。

apache2とWebDAV

いまは、WebDAVが外部から利用するときに手放せない。
# aptitude
> apache2, libapache2-mod-encoding
# cat > /etc/apache2/mods-available/encoding.conf

EncodingEngine on
NormalizeUsername on
SetServerEncoding UTF-8
DefaultClientEncoding JA-AUTO-SJIS-MS SJIS

# cd /etc/apache2/sites-available
# cp /usr/share/doc/apache2.2-commmon/examples/apache2/extra/httpd-dav.conf dav-ssl
# vi dav-ssl.conf
default-sslを参考に、ssl接続に変更する。
> DavLockDB "/var/lock/apache2/DavLock"に変更
> Directory "/var/www"を必要な場所に変更
> 認証をDigestからBasicに変更
> 認証fileを/etc/apache2/user.passwd
# htpasswd -c "/etc/apache2/user.passwd ユーザ名
パスワードファイルとユーザを作成。既にパスワードファイルがあるなら、-cはつけない。
> passwdord
# cd /etc/pache2/sites-available
# cat >> vhost1

ServerName test.domain.net
ServerAlias exam.domain.net
DocumentRoot /var/www/vhost1/

Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
AllowOverride None
Order allow,deny
allow from all

ErrorLog /var/log/apache2/error.log
LogLevel warn
CustomLog /var/log/apache2/access.log combined

defaultを参考にネームベースのバーチャルホストを設定。
defaultは使わないほうが、設定が簡単。コピーして増やすだけで、ホストがいくらでも増やせる。
ssl接続では、ネームベースのバーチャルホストは使用できないので注意。
# a2enmod encoding
# a2enmod dav
# a2enmod dav_fs
dav_lockは不要
# a2enmod ssl
# a2dissite default
# a2ensite vhost1
# s2ensite dav-ssl.conf
# /etc/init.d/apache2 reload

Windows Xp IE6のファイル-開くよりWebフォルダを選択し、https://ドメイン名でWebDAVが開く。
また、ServerNameを変更してvhostを設定すれば、ホストを増やせる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kfujio.blog78.fc2.com/tb.php/58-1863a469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad